『対峙する弦と金管』イタリア初期バロックの作品集

ジョバンニ・ピッキ カンツォン第3番&第6番 アルピコルドのための舞曲集より
ジョバンニ・バッティスタ・リッチォ 三つのカンツォン
ダリオ・カステッロ ソナタ第一番&第4番
その他

12月26日(土)14時開場14時半開演
茅野市民館 アトリエ

一般¥2500 高校生以下¥1000

バロックヴァイオリン 丹沢広樹
テナーサクバット 大内邦靖
オルガン・アルピコルド 杉本周介

サクバットとバロックヴァイオリンの珍しい組み合わせの曲を集めました。プチレクチャーもあり、アカデミックな内容です。金管でありながら、繊細なサクバットとバロックヴァイオリンの掛け合いをお楽しみ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です