標高1300メートルの春

高原の森の芽吹き

5月4日に行うコンサート『野山は花のよそおい』の会場である八ヶ岳中央高原キリスト教会での打ち合わせもあり、主日礼拝に出席させていただきました。

標高1300メートルのこの場所は春が遅いのですが、例年より春が遅い今年はこのゴールデンウィークが芽吹きが最盛期を迎えそうな気配でした。

自然文化園ではマルシェが展開され、屋台などもあるのでちょっとした軽食などもできそう。そこから芝生の公園を歩いて坂を5分ほど下ると、山々を見渡せる「まるやち湖」にたどり着きます。教会へはそこから1〜2分森の中を歩きます。今朝は低木の芽吹きが始まっていて、あたりは水彩画のような色彩が広がって幻想的。

このままの勢いであれば、コンサートの日には落葉松が葉を開き、淡い若緑が滲むような光景を目にすることができるでしょう。

こんなに楽しい散歩ができる日なら、自然文化園から歩いて教会へ来ていただくのはとてもおすすめなコースだと思います。きっと清々しい高原の空気を満喫しながら古楽の音色も楽しんでもらえる「素敵な休日」を過ごしてもらえるに違いありません。幸い原村の天気予報では4日は晴れ、最高気温は23度です。

この生命力溢れる自然と同調するような音楽ができたら・・という想いがした朝でした。コンサートの予約がこのところ一気に入ってきていますが、まだお席に余裕があります。当日もありますので、是非よろしくお願いします。

古楽コンサート『野山は花のよそおい』

5月4日(木・祝)14:00開場  14:30開演
八ヶ岳中央高原キリスト教会
テナーサクバット:大内邦靖
バロックヴァイオリン:丹沢広樹
歌唱:原謡子
オルガン・アルピコルド:杉本周介

  • 17世紀イタリアの金管を含む作品を集めて
  • ダリオ・カステッロ、ジョバンニ・ピッキ、ジョヴァンニ・マルティーノ・チェーザレなどのカンツォン
  • 演奏者による楽器や楽曲の楽しい説明やトークがあり、初めて古楽に触れられる方でもお楽しみいただける内容です。
  • サクバットとはトロンボーンの原型で優しい響きを持つ金管楽器です

G.M.Cesare: CAnzon “La Augustina” 演奏の動画です

当日3000 前売2500 高校生以下1000

後援:原村教育委員会、長野日報社、信濃毎日新聞社
主催:ムジカロゼッタ

お問い合わせ、ご予約は下記のフォームからお願いします。

[contact-form][contact-field label=”Name” type=”name” required=”1″ /][contact-field label=”Email” type=”email” required=”1″ /][contact-field label=”Comment” type=”textarea” required=”1″ /][/contact-form]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です