サクバットツアー初日

勝沼公演

小春日和の山梨県は勝沼のハーブ庭園「旅日記」での公演。庭園はすでに様々な花が咲き乱れ、春の花のパワーを感じる。

今回はサクバットの大内氏の提案でピッチを466Hzという現代のピッチよりも半音高くしての取り組み。こ17世紀ヴェネツィアで使われていたと考えられるこのピッチよればサクバットの演奏上の問題が一掃されるのだそうだ。

オルガンは466Hzに対応していないので415Hz(現代のピッチよりも半音低い)から全音高く読み替えての演奏。調律もD回りの中全音律でカバー。

演奏曲目ははっきり言ってマニアックだが、大内氏による『トロンボーンの歴史速攻講座』のオモシロトークなども含む楽しい解説付きで、少しでもこの麗しい金管楽器に興味を持っていだだけたらと思った。バロックヴァイオリンの丹ちゃん(丹沢広樹)もピッチごとに二丁のヴァイオリンを弾き分ける。

出番は少なかったが、原謡子の歌唱も効果的にプログラムに作用して、少なくともやっている本人たちは楽しかった。

次回は5月4日原村、八ヶ岳中央高原キリスト教会です!

ご興味をお持ちの方、なかなか無い機会ですので是非!!

5月4日 14:00開場 14:30開演八ヶ岳中央高原キリスト教会

5月6日 『大内邦靖サクバットリサイタル』東京都東陽町 ビュッフェクランポンジャパン内サロン

全公演 前売2500 当日3000 高校生以下1000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です